中村流居合抜刀道

居合抜刀道 練習の様子

 中村流抜刀道は、剣聖・中村泰三郎先生が創始された、“真剣刀法で物体を斬る武道”です。精神と肉体の統一集中の境地を体得する上に、これ以上のものはあるまいと言われます。鋭利な刃物を手にして行うものですから、心や肉体に乱れがあると危ない。勢い統一集中に向かうことになります。 当道場では、ただ物を斬る技術を身につけるのではなく、抜き付け、抜刀、納刀の一連の動作がスムーズに美しく出来る様、指導しております。そのため、居合道の基本である正座刀法から練習しております。

居合抜刀道とは

 居合道とは、日本刀を用い、抜刀から納刀などの諸作法を通して、技能と精神の修練を目的とする武道です。「居合」とは「立ち会い」に対する言葉で、斬りかかって来る相手に対し、刀が鞘に収まった状態から抜刀して反撃する稽古を行います。抜刀から納刀までを一つの流れとした「型」を主に行い、修練することによって敵を「斬る」技能を身に付けます。

実際に「斬る」練習を重視した練習

巻畳を実際に斬る練習全日本試斬道大会にて

 当道場では、型の稽古はもちろんですが、1ヶ月半から2ヶ月に一度のペースで、畳を巻いた物や竹を立てて試し斬りの練習も行います(試斬用の刀は貸出もいたします)。刀は目標に対しての間合いが半歩でもずれると、うまく斬ることができません。この「間合い」の感覚を養うため、型の稽古と共に試し斬りの練習を行っています。また、名古屋城古武道大会(5月)、全日本試斬道選手権大会(9月/岡山市)に毎年出場しており、大会に向けての練習も行います。

見学について

 練習の見学はいつでも可能です。事前にご連絡をいただければ、指導内容についての解説をさせていただきます。下の「練習場所」をクリックすると、練習場所の地図を表示します。

日曜練習(月3回) PM1:30〜3:00(練習場所:悟道館本部道場
※居合抜刀道練習は、月3回・合気武道日曜練習と同じ日に行います。